今日も世はこともなし【セゾン資産形成の達人ファンド】コンパスチェック 2017年5月

さっそくなんという枕コトバいれてるんだ。モ人です。

だって、「ファンドの運用上は特別な事はない」んだもん。いやね、世間とか相場とかトランプはんとかどっかの半島(主に北側)とか沖縄の総選挙とか(ここまで6/20に下書きしてた)どっかの都議会選挙をにらんだ(?)ヒドイ玉虫色の市場問題とか、色々と世間的にはトピックがないでもないんでしょうけど、どうにも【セゾン資産形成の達人ファンド】的には問題なしといいますか、巡航モードといいますか…

先月分は↓

ギリギリ五月内に帰ってきた(息切れ気味)【セゾン資産形成の達人ファンド】コンパスチェック 2017年4月 ギリギリ五月内に帰ってきた(息切れ気味)【セゾン資産形成の達人ファンド】コンパスチェック 2017年4月 | これが我が家の生存戦略

2017年4月末は?

純資産 基準価額 推定受益権口数
421.53億円 17,962円/万口 234.68億口

サブファンド及び現金組入れ割合

ファンド名 比率 評価額
ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA
<適格機関投資家限定>
27.7 % 116.8 億円
ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA
<適格機関投資家限定>
12.6 % 53.1 億円
スパークス・集中投資・日本株ファンドS
<適格機関投資家限定>
3.1 % 13.1 億円
スパークス・長期厳選・日本株ファンド
<適格機関投資家限定>
5.8 % 24.5 億円
スパークス・ワンアジア厳選投資ファンドS
<適格機関投資家限定>
3.9 % 16.4 億円
コムジェスト日本株式ファンド
<適格機関投資家限定>
2.8 % 11.8 億円
バンガード® 米国オポチュニティファンド 22.8 % 96.1 億円
アライアンス・バーンスタインSICAV
– コンセントレイテッドUSエクイティ・ポートフォリオ
9.9 % 41.7 億円
BBH・ルクセンブルグ・ファンズ- BBH・コア・セレクト 9.7 % 40.9 億円
短期金融資産等 1.6 % 6.7 億円

※ レポートに準じ、組入れ比率小数点以下1位で計算。結果として合計が99.9%となり、評価額総計と純資産総額とも差異が出てくるがそのままで記述。

2017年5月末は?

純資産 基準価額 推定受益権口数
439.47億円
(+17.94億円)
18,672円/万口
(+3.95%)
235.36億口
(+0.68億口)

サブファンド及び現金組入れ割合

ファンド名 比率 評価額
ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA
<適格機関投資家限定>
27.9 % 122.6 億円
ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA
<適格機関投資家限定>
12.7 % 55.8 億円
スパークス・集中投資・日本株ファンドS
<適格機関投資家限定>
3.2 % 14.1 億円
スパークス・長期厳選・日本株ファンド
<適格機関投資家限定>
6.0 % 26.4 億円
スパークス・ワンアジア厳選投資ファンドS
<適格機関投資家限定>
3.8 % 16.7 億円
コムジェスト日本株式ファンド
<適格機関投資家限定>
2.9 % 12.7 億円
バンガード® 米国オポチュニティファンド 22.7 % 99.8 億円
アライアンス・バーンスタインSICAV
– コンセントレイテッドUSエクイティ・ポートフォリオ
9.8 % 43.1 億円
BBH・ルクセンブルグ・ファンズ- BBH・コア・セレクト 9.4 % 41.3 億円
短期金融資産等 1.8 % 7.9 億円

※ レポートに準じ、組入れ比率小数点以下1位で計算。結果として合計が100.2%となり、評価額総計と純資産総額とも差異が出てくるがそのままで記述。

今月の投資行動は?

運用レポートより引用します。

今月は、定期積立プランなどによるご購入をいただいた一方で、受益者の皆様からのご解約が高水準となったことから、新規の投資を行っておりません。なお、現金比率は前月から若干上昇し、月末時点で1.8%となっております。

あー…受益権口数があんまり増えてないなーと思ってましたが、解約高水準ッスか…。

相場が盛り上がってると、現金が欲しくなるってのは理解できるし、一昔前のように「ファンドという同じ船に乗り合わせたのに、現金化して下船するなんて…ッ!!」という憤りも感じず、「ああ、現金化して何かしらの消費として経済の海に還元したんですね」とか「別のファンドに乗り換えたにしろ、MRFなり預金で保有して再エントリを待機するにしろ、個人個人の選択の結果ですからね。何故か同じタイミングで資金流出してるだけですよね。」とかしか感じませんね。

…あ、コレ「事件」っていえば「事件」だけど、もう自分がコレを「事件と感じてない」という事なのかな…達観してるというか。

5月の投資行動(予想)は?

二ヶ月間のレポートから、4月末サブファンドの保有額×月間変化率を「売買なしでの評価額増減」として、この値と「実際の5月末サブファンドの保有額」との差し引きから今月の各ファンドの買付額の推算をおこないます。

ふむふむ、実際の買付は行ってなくても、誤差程度の増減がある、と。こんなのは予想どおりが、検算といいますか、念の為、ね。

目安としての細かいチェックをしておきながらですが、「今月も、先月に引き続き、しっかりと『目標の比率になるように』コントロールをしようとしてたんだな」と確認できたのが重要なんですよね。


いやー、最近はセガレ殿の宿題が終わらない(分量が問題ではなく、本人のやる気スイッチがまったく押されないままに夜半を迎えてしまう…)とか色々な問題があって、ブログなんかはこの体たらくなんですが…なんやろ、スキマ時間に書きためている下書きだけが延々と積み上がってて、アウトプットできてないストレスが最近の課題ですか。

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク