【ひふみ投信】の自由積立で三人の子供達へのプレゼントを積立開始(再開)しました 2017年3月

エントリ更新は4月なのに、積立開始は3月だったという…。

今年の2月まで(実際の買付は1月分まで)我が家の宝である三人の子供達に対して3000円/月の積立投資を行っていたのですが、見直しを行ってレオス・キャピタルワークスさんにて運用・販売している【ひふみ投信】にて心機一転、積立を始めました。

【ひふみ投信】ってどんなファンド?

旧ブログにてしっかりとりあげたのでコチラ↓をどうぞ。

【ひふみ投信】について〜その一・基礎事項編〜 【ひふみ投信】について〜その一・基礎事項編〜 | これが我が家の生存戦略
【ひふみ投信】について〜その二・運用編〜 【ひふみ投信】について〜その二・運用編〜 | これが我が家の生存戦略
【ひふみ投信】について〜その三・雑感編〜 【ひふみ投信】について〜その三・雑感編〜 | これが我が家の生存戦略

また、姉妹ファンドである【ひふみプラス】とはどんな違いがあるの?という問いには最近でいうとコチラ↓のエントリにて書きました。

よくある質問 【ひふみ投信】と【ひふみプラス】って何がちがうんですか? よくある質問 【ひふみ投信】と【ひふみプラス】って何がちがうんですか? | これが我が家の生存戦略
  • 【ひふみ投信】も【ひふみプラス】も運用の中味はおんなじ【ひふみマザーファンド】
  • 【ひふみ投信】の販売窓口はレオス・キャピタル・ワークス社のみ。
  • 【ひふみプラス】の販売窓口は一部ネット証券・地銀などなど。
  • 【ひふみ投信】は個人ごとの長期保有でボーナス(実質的な信託報酬の割引あり。ファンドの規模や運用の出来には左右されない。)
  • 【ひふみプラス】はファンドの規模によって信託報酬の割引あり。個人ごとの保有期間には無関係。

(中略)
【ひふみ投信】と【ひふみプラス】について、同じトコとちがうトコを綴ってきました。後半は特に見た目上の一番の違いである「信託報酬の割引方法」に注目しましたが、投資信託の基本であり、背骨であり、魂ともいえる「運用内容そのもの」は全くの同一です。

大事な事なので、当時も二回書いてます。(基本であり、背骨であり、魂ともいえる「運用内容そのもの」は全くの同一です。

何故【ひふみ投信】なの?

世界中の各地域に手広く目を光らせつつ、それぞれの地域にてしっかりした調査、判断を行ってくれている分散・集中イイとこ取りファンドである【セゾン資産形成の達人ファンド】は?

⇒もう子供達自身のお金の1/4を預けている。

ご参考:セゾン投信さんに口座を開設しました(約4年ぶり二回目) セゾン投信さんに口座を開設しました(約4年ぶり二回目) | これが我が家の生存戦略

これからの日本に必要な企業にどっしり、ゆっくりと投資していく【結い2101】は?

⇒低ボラティリティや投資によって世界が変わっていく(かもしれない)という期待など、魅力的な要素は多いが毎月一万円×3人という財力が家計にはない…(情けなっ!)

そこで【ひふみ投信】ですよ!と、こう書くと「なんでぇ、消去法かよ」という声も聞こえてきますが、なにげに「長期保有を促す仕組みアリ」とか「自由積立システムで手軽に始めやすい」というメリットと、これまでも、これからもしっかりした運用(及び販売)を継続してくれそうだという期待もあり、三人分の口座を開設しました。

自由積立 とは

当ブログではあまり取り上げてこなかったのですが、【ひふみ投信】は「毎月定額積立」や「ボーナス月のみ増額積立」だけではなく、月単位で積立の金額を変更できちゃうんです!

ご参考:自由つみたて

Ω ΩΩ<な、なんだってー

という事は?三ヶ月に一度、最低積立額1万円を設定しておけば3333円/月とだいたい同じ事になるのです!!

…いや、姉妹ファンドである【ひふみプラス】を扱っている証券会社さんに、もっと細かく設定できるところもありますよ?そりゃありますけどもね、【ひふみプラス】じゃなくて『資産形成応援団』のある【ひふみ投信】にお願いしたいんです!!

こうして1,4,7,10月は長男「セガレ」の口座へ、2,5,8,11月は長女「ムスメ」の口座へ、3,6,9,12月は「ルーキーちゃん」の口座へそれぞれ1万円づつ積立を行う事を決めました。

また、今まで積立していた資金は、(主にモ人多忙のため)銀行手続きなどが進んでおらず、二ヶ月放置になってしまってましたが、先日振替休日をとった際に全額【ひふみ投信】のスポット買付に注入しました。

べ、別に暴落を待ってたんじゃ…な、ないんだからね!(全然意識してなくて、普通に別の用事でこの日に休めただけ…)


というわけで、今後は(今後も)【ひふみ投信】さんにしっかり頑張ってもらう一方で、自分もしっかり働くし、子供らもしっかり育てていきます!

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク