これぞ天佑!!!転職して枷がなくなったおかげで確定拠出年金の自由度が大幅UPしたので【セゾン資産形成の達人F】に全力注入!!<発動編>

もうね、確定拠出年金の為に転職したと言っても決して過言ではない状況になってまsってんなわきゃない。モ人です。

続編エントリです。TV版総集編たる<接触編>は↓コチラ

これぞ天啓?!転職したおかげで確定拠出年金の自由度がUPしたので【セゾン資産形成の達人F】に全力注入!!<接触編> これぞ天啓?!転職したおかげで確定拠出年金の自由度がUPしたので【セゾン資産形成の達人F】に全力注入!!<接触編> | これが我が家の生存戦略

んなバカな!というのがまともな神経の持ち方ですし、当然モ人だって原因は別にたくさんあるんですが…なにげに、よくよく考えると…

  • 「オメーは社則でそろばんハジいた依願退職金より、自分で運用指図してた『企業型画定拠出年金』の方が殖えてるみたいだし、会社サマの大事な大事なお金をくれてやらなくても生きていけるよな!社則にもそう書いてあるから文句ないよな!法にも触れてないし、グダグダ言わずに辞めてけよな!!もう残るつもりないんだろ?な!な!!」という前職サマのありがたい方針により、退職金(現金0円)としていっせんごひゃくえんをじゅうにねんかんつみたてていた「企業型確定拠出年金」のみが残る。
  • 前職確定拠出年金は出資グループの関係で某メガバンク系列の証券会社で。ラインナップの貧弱さは以前書いといた⇒BON-SAI あるいはポートフォリオ調整時に感じた事つれづれ BON-SAI あるいはポートフォリオ調整時に感じた事つれづれ | これが我が家の生存戦略
  • (特別のり気ではなかったが、パッシブファンドを組み合わせたポートフォリオを自作して対応)
  • 退職後に楽天証券から『セゾン投信の二ファンドも扱う個人型確定拠出年金を始めますよー』という素敵アナウンスが!!⇒なかなかに(ごく個人的に)タイムリー?セゾン投信さんが個人型確定拠出年金(個人型DC)に参入とな?! なかなかに(ごく個人的に)タイムリー?セゾン投信さんが個人型確定拠出年金(個人型DC)に参入とな?! | これが我が家の生存戦略
  • 手数料も安い…というか、モ人は最初から条件を満たしているのでタダ。

…ここまで状況がそろうと「あの時、転職を決めたのは決して偶然じゃぁなかったんだろうなぁ…」なんて思っちゃいます。

まさかの口座開設まで余裕の三ヶ月。話題の #iDeCo不備軍 のさきがけ的体験も

#iDeCo不備軍 ネタは…ゴメンなさい、実は横目にしながら「みなさん、がんばってはりますな~」と余裕ぶっこきながらも絡んでなかったんですが…iDeCoがスタートした年始より先駆けること昨年9月末、不肖モ人めも「個人型画定拠出年金口座開設書類不備」をかましてました。

…ちゃうねん…ちゃうやで…楽天証券さんが準備してはったWeb入力フォームに「住所の読み仮名が入力しきれてなかった」だけやねん…それを気づかず、送ったらアカンかったってだけなんや…現職の担当さん(すてきなおねいさん)は悪くないんやで…

ちなみになんですが、前回のエントリで書いた「前職確定拠出年金の某メガバンク」のお姉さんにも「是非!引き続き当行で!」という勧誘を受けました。

いわく、「メガバンクならではの実績と安心感、豊富な(失笑)ラインナップ」

いわく、「積立をするなら(ピー)百円、積立を行わず運用指図のみの継続なら(ピー)百円という低廉な(白目)手数料での口座維持が可能」

いわく、「万全な電話サポート体制」

…あ、はい…

サポセンのお姉さんは悪くないんですよ、言わされてるし、他を知らないだろうし。教えてくださってありがとうございます~参考になります~でおしまいですよ。

さてさて、9月末から数度の書類往復を(恥)繰り返したモ人。12月初旬、ようやく初回拠出のスケジュールと「最初は二ヶ月分引き落とすやで」という連絡が。

また、時を置かずして「前職の企業型画定拠出年金@8月末から運用指図不能放置ポートフォリオ」を損益確定させ、移管手数料(これがまた太い!!)した上で楽天証券で指定した「【セゾン資産形成の達人ファンド】100%」のポートフォリオに全額充当したという書類も届きます。

そうです!モ人は、前職でこそ「盆栽のようにポートフォリオを調整してニヤニヤしていた」のですが、「いやいや、まだ20年以上寝かせて、育てる為の資金なんやし、どかーんと一発株式100%で、【セゾン資産形成の達人ファンド】で決まりやな」と方針を転換させました。


モ人家の「個人型画定拠出年金」。毎月の拠出額も、4月から翌年3月までの間に一回のみの変更しかできない「確定拠出年金」なので、しばらくは控えめの金額で走ることにしています。(といっても、いっせんごひゃくえんをじゅうにねんかんというベースを無視できるようになるまで、そう時間はかからない程度ですが。)

また、原則60歳まで引き出せないという取り回しの悪さ、受け取り時の課税制度のリスク(不確定さ)、現在H31年までは凍結されている特別法人税という爆弾がいつ炸裂するのか?などなど、意外とデメリット(?)といいますか金融商品の値動きというのとは別種のリスク(不確定要素)を抱えた制度ではありますが、前職での退職金(失笑)を、せっかくなので、手をつけにくいカタチででっかく育てたいところであります。

あ、今更ですが【セゾン資産形成の達人ファンド】に関しては↓コチラをどうぞ。

【セゾン資産形成の達人F】について #saison_dotti 【セゾン資産形成の達人F】について #saison_dotti | これが我が家の生存戦略
【セゾン資産形成の達人F】まとめ 【セゾン資産形成の達人F】まとめ | これが我が家の生存戦略

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク