これぞ天啓?!転職したおかげで確定拠出年金の自由度がUPしたので【セゾン資産形成の達人F】に全力注入!!<接触編>

辞めたいと考え初めて早(ピー)年。

一昨年12月に東京都板橋区から長州への転勤を言い渡されてからというもの、おぼろげだった『転職するぞ』っていうビジョンがくっきりしっかりと脳裏に浮かんできていたモ人…

モ人は…板橋区民を…卒業しますッ!! モ人は…板橋区民を…卒業しますッ!! | これが我が家の生存戦略

…と、まぁ自分の前職の仕事や組織やおちんぎんのお話はちょっとヤメておきましょうか。

んで。何度かブログやTwitterで書いたかもしれませんが、モ人は前職の会社サマが「企業年金の税制優遇が終わるから、ウチも(次の税制優遇のある)企業型画定拠出年金を始めるぞ!」と決断あそばされてですね、大変ありがたい事にいっせんごひゃくえん(入社10年目の段階)という大金をですね、こんな穀つぶしの為に、毎月毎月せっせと拠出していただけてたんですよ(失笑)

しかも、ですね。

我らが前職の会社サマは、業績不振から人件費抑制を目玉とした業績改善計画を断行してらっしゃるのですが、そのまばゆいばかりの強烈な意思に気後れした一部の腰ぬけ共(モ人含む)にカツを入れるべく『依願退職者の退職金を大幅にカットする』という(定年が目前にせまった逃げ切り世代以外には)背水の陣を強いる事によって潜在能力を大きく引き出す戦略をとっています!!(…モ人が退職した半年前から、今も変わらず…)

そんなこんなで。

「大幅にカットした依願退職者への退職金」と「(だいたい)いっせんごひゃくえんをじゅううにねんつみたてた企業型確定拠出年金」を比べて前者が大きい場合のみ、その差額を支給するという「ちょっと何言っているか判らない」という事をそれとなく表現していた社則を、退職した後に理解したモ人。

そりゃ、確定拠出年金だって前職の会社サマが拠出していたお金だったんだけど、それぞれの従業員がリスクをとって運用指図していたファンドの額面を見て「お、お前持ってんじゃん。じゃあ退職金はいらないよな!!!」って態度の御立派さにはですね、さすがにあいた口がふさがらないわけですよ。あーあ、暴落して含み損がたーんとある時分なら、差額を恵んでくれてたっていうんでしょー???アタマのネジ、ぶっとんでんじゃないッスかぁ???っていうか、今すぐ現金化できない確定拠出年金と、現金で支給する退職金って、性格も取り回しもまるで違うんですけど、そのあたりは「見て見ぬフリ」なんです?東京の都心に本社をかまえる大企業()サマのやる事じゃぁないですよね??

…ハ…!?

気づいたら愚痴になってた…イヤね、どっかで「オレは12年働いた会社から、期待しているだの、いなくなると困るだの言われたクセに退職金をビタ一文もらえなかったんだZE☆…笑ってくれていいよ…」というネタはどっかでブッコみたかったんですが、なにぶん投資とまるで関係ないもんですから。

あえていうなら、今日の本題

前職の企業型確定拠出年金が笑える程少ない退職金がわりだったし、せっかくだからそれを元手に【セゾン資産形成の達人F】に全力投入 and 積立しちゃうZO☆

って事で無理矢理『投資』につなげる感じですかね。

前職退職時の書類の中に混ざっていた「確定拠出年金資格喪失書」と、今後の案内の手紙を片手に、前職の画定拠出年金管理会社の某メガバンク傘下の証券会社へ電話すると、おねーさんが丁寧に教えてくださいました。

  • すでに資格喪失状態なので、電話や書面で改めて手続きを行う必要はなし。
  • 現在は、モ人は資格喪失状態だから運用指図はできない。
  • 次の証券会社が決まったら、番号を先方に伝えるだけでOK。
  • 新しい証券会社の口座が開設して、初めて現在の資産は時価換算で現金化され、各種手数料を引かれた上で新しい証券会社での運用商品への入金⇒買付となる。

…ん?なんか…なんか違和感が残る説明だぞ…

……いや…おかしいだろ…「退職金」と言われたオレのお金だぞ、それは。なんで「利益/損失確定ができるタイミングが選べない」んだ!?

っていうか、それじゃ前職会社野郎の「確定拠出年金と算出依願退職金の高い方に合わせる」という仕組みが破綻してるじゃねーか!!!!退職日には<確定拠出年金>の方が高くても、現金化(といっていいモノやら…)する段階までフラフラと二ヶ月以上の期間が開くというのに、暴落でもしやがったらどうすんだ!!!

いやね、モ人はいいですよ。含み益がたーんと出てたタイミングだったので、確かに算出依願退職金より低くなるほどの大暴落ってのは考えにくい状況ではありました(といいつつも…何が起こるかわからないのが相場ってヤツですからねぇ…)

しかし…よくもまぁこんな仕組みにしやがったな前職会社野郎め…組合しっかりしろよぉ…ちゃんと監視しとけよぉ…

というどったんばったん大騒ぎをしていたのが、2016年の9月後半のコトでした。

ご参考:なかなかに(ごく個人的に)タイムリー?セゾン投信さんが個人型確定拠出年金(個人型DC)に参入とな?! なかなかに(ごく個人的に)タイムリー?セゾン投信さんが個人型確定拠出年金(個人型DC)に参入とな?! | これが我が家の生存戦略

ちょっと長くなったので、今回は<接触編>という事で。

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク