もう、6年も前の事なのか… #検索は応援になる

毎年書いてますが、今年も

もうね、上記Tweetを引用しただけで、このエントリの役目は果たせたワケですが。ここから先は過去ログの紹介と、2016年3月11日から2017年3月10日までの間にモ人的に考えた『3.11と自分』のお話など。

2014年

『3.11』を忘れない為に〜身銭を切らない寄付のご紹介〜 『3.11』を忘れない為に〜身銭を切らない寄付のご紹介〜 | これが我が家の生存戦略

2016年

もう5年 まだ5年 もう5年 まだ5年 | これが我が家の生存戦略

2016年から2017年にかけて、『3.11と自分』

もうすぐ、映像ソフトも発売になりますが、『3.11』を体験したからこそ胸に刺さった映画「シン・ゴジラ」と出会えた事と作品から受け取ったメッセージが、「これから」大切になってくると感じています。

もう、ネタバレも何もないでしょうけど、シン・ゴジラの『ヤシオリ作戦』のヤシオリってのは神話のヤマタノオロチ退治に出てくる「ヤマタノオロチに呑ませて酔いつぶれさせるためのヤシオリの酒」なんですね。

んで。ヤマタノオロチの神話では、退治した後にオロチの尻尾から希望の象徴とされる草薙の剣(つるぎ)=天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)が見つかるんですね。

そう、映画『シン・ゴジラ』は『ゴジラ』というカタチをとった災厄と、それを克服する人々の物語であると同時に、ラストに禍々しく映る尻尾には、希望が詰まっていた!というお話なんですよ。機会があれば&さすがにTV放映されてから書くことにしますけど。


6年

あの日、理不尽にも命や大切な人、場所を奪われた方々に想いを馳せつつ、「それでも」こうやって前に進んできた方々に敬意をこめて。

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク