夏休みのしんどさ 2016

眼が死んでます(特に嫁さんの)養命酒が飲みたいのに寝落ちしてしまいがちの今日この頃、モ人です。

94dc0b8282c4334d5008dde15bd3a50c_s

(実家に帰るとじいちゃんと虫取りに行くのに、なんで友だち同士じゃいかないのさ…)

最近は子供らと一緒に9時前後目標(実態として10時越えはザラにある。昨夜なんかは11時越えても三人ともギンギンだった…)に入眠し、朝4時ごろ起きてからごそごそしています。ここ一週間ぐらいは職場で強烈プッシュされたTBSドラマ『半沢直樹』を一気に見てたりしたので、ブログどころではありませんでした(夏休み、関係ないやん…)

…え?なんでいまさら半沢直樹なのか?っていうか、まがりなりにも投資クラスタ(?)だろうになんでリアルタイムで見てなかったのか?ですって??

いやー、なんかね。なんとなく。あんまりにも流行りすぎてて、のっかりたくなかったな、なんて。もう少し早く見とけばよかったと思いましたが。あと、世間一般の方々よりちょっとばっかし『銀行』『融資』について投資家視点といいますか、『お金』の活用方法とか、『お金』そのものが武器であり、活力源であり、その流れを握る『銀行』という組織の描かれ方に興味深いものを感じてみたり。

ま、いまさら『半沢直樹』が面白い!なんてコトを単独エントリで書いても「え…お、おう…そうだな…(今更何言ってるんだろう、コイツは…)」というアトモスフィア(雰囲気)になるでしょうし、コレぐらいにして。(書くとしたら原作読んでから読書感想文スタイルかな?)

『夏休み』!それはお子さま達が学校・幼稚園に通わない、我が家にとって『地獄』というコトバを置き換えたものだった!!!

…遊びに行けよ…セミ捕まえに行けよォ…

なんなんですか、朝こそ6時半に強制的に起こしてラジオ体操させてはいますが、そのあとはちょこちょこっと宿題をこなして、朝飯を食べた後はだらーっとムスメちゃん、ルーキーちゃんらと遊んでるらしいセガレ氏(ラジオ体操っていっても町内会で集まって~とかじゃなくて、各家庭でEテレのテレビ体操を見させて~ってなっているんで、時代ってもんを感じるのですが)

嫁さんも、暑さのせいかグターっとのびてしまっており、さほど広くない我が家は「ああ、『混沌』とは概ね『乱雑におもちゃや文房具、クレヨンが散らかっている』という状態に落ち着くという意味で、逆に安定なのだな」などとマクスウェルの悪魔的な事をぼんやり考えさせられる始末。家から一歩も出せなかった日などは目も当てられないほどエネルギッシュなセガレ・ムスメ・ルーキーちゃんを連れ出してお散歩に行く…なんて日もありましたか。

(唐突にさしはさまれるマンガで読むシリーズッッ!!)

特に、四歳の誕生日に自転車を買い与えたムスメちゃんの「自転車乗りたい!」アピールはトンでもない。そうでなくてもムスメちゃんの声は高く、耳に突き刺さったらしんどいのですが、「自転車乗りたい!」という要求を拒否した時の高周波といったら、ガラスが割れるんじゃないのか?と心配するほど。もうね、勘弁してほしい。

そんなこんなで、モ人家が初めて迎える「夏休み」という事態。…ん?三年前からセガレ氏を幼稚園に通わせてたんだし、初めては言い過ぎだろ、ですって??幼稚園の夏休みは、「夏休みという体裁をとった、控えめ登園期にすぎなかった」んですね、今にして思うと。

板橋で通わせていた幼稚園は「夏季保育」の名目で、7月中はだいたい通わせてたし、8月の盆前後に休みがあるだけでした。また、宿題ってのもありません。何気に、この宿題が厄介。まだまだ小学一年生なので、親が横についてないと一向に進みません。一方で、ムスメちゃん、ルーキーちゃんが楽しそうに遊んでいると遊びたくなるのが人情というもの。

最近は妹二人が起きる前に宿題を済ませているのですが、今後、読書感想文や自由研究(工作?)などの大型宿題に取りくむ際には、どうすればよいのやら…


そんな「夏休み一年生」のモ人家。なかなかにエネルギーをすり減らす日々を過ごしています。今年はゼーガペインのように「8.31」が特別な意味を持ちそうな予感です…。

あ、そうそう。もう少ししたら公表できそうなんですが、マジで「8.31」はエックスデーになりそうだし、今年の夏休みは最初で最後の特別な『夏休み』になりそうです。そのあたりもおいおい。

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク