『PSYCHO-PASS サイコパス』と『MOZU』 おんなじとこ、ちがうとこ

単身赴任ならば日中にグロい映画を見ても許される(絶賛引きこもり中) 271845b801882924a5f59f5a2cfc2738_m いやね、グロいっていうても、ちょっと前は松たか子さん主演の名作『告白』を、その翌週は『劇場版PSYCHO-PASS サイコパス』をレンタルで借りて昼飯後に見てたってだけなんですがね。

ちなみに、『告白』も公開当時からずっときになってた映画だったけど(子供が死んだり、子供が容疑者?みたいなイントロらしくて)重そうだな、我が家…とりわけ嫁さんには見せられないというか、見たくないだろうから子供らはもちろんの事、嫁さんの前でも再生ははばかられる内容っぽいな、と遠慮してたんですよ。んで、単身赴任のフリーダムさを満喫するために見てみて…ああ、やっぱ名作だし、ゾクゾクきたけどやっぱり見せられないしストーリーとかも語れないなぁと。直感の確かさをかみしめてるわけでして。

いやいや、今日の本題は今更ながら『劇場版 PSYCHO-PASS』を見て面白かったって事と、なにげに『MOZU』と共通してる部分があるなぁと思ったんで語りたいと思います。ちなみに、旧ブログ時代に両方の作品を取り上げたエントリをしたためています。

『PSYCHO-PASS』について

速報】政府が厚生省公安局による治安維持活動を承認へ 【速報】政府が厚生省公安局による治安維持活動を承認へ | これが我が家の生存戦略
というのはウソ!#エイプリルフール #ネタバレ というのはウソ!#エイプリルフール #ネタバレ | これが我が家の生存戦略
PSYCHO-PASS新編集版が放送を開始! PSYCHO-PASS新編集版が放送を開始! | これが我が家の生存戦略

あ、新ブログでノベライズの読書感想文も書いてましたね。

読書感想文:PSYCHO-PASS 上・下 読書感想文:PSYCHO-PASS 上・下 | これが我が家の生存戦略

『MOZU』について

バリューな北九州ロケドラマ『MOZU』のお話 バリューな北九州ロケドラマ『MOZU』のお話 | これが我が家の生存戦略
WOWOW×TBSの力作ドラマ MOZUのロケ地を巡ってみた@北九州市小倉市街地 WOWOW×TBSの力作ドラマ MOZUのロケ地を巡ってみた@北九州市小倉市街地 | これが我が家の生存戦略  

『MOZU』の方は劇場公開時に見てますし、ブログに書こうかなぁと思いつつ流していたネタでした。

おんなじとこ

  • どちらも公安の刑事が主人公
  • TVシリーズを2シーズン、劇場版で完結(各TVシリーズの尺は違うけど、1期>2期の長さなのも一緒)
  • 音楽が菅野祐悟さん
  • 総監修、もしくは監督がここ数年の邦画シーンを牽引する名監督(『PSYCHO-PASS』は本広克行氏が総監修、『MOZU』は羽住英一郎氏が監督)
  • アクションシーンがスゴイ
  • 人が景気よくお亡くなりになる(特に両方とも劇場版ではゴアめいている)
  • 劇場版の舞台が海外。東南アジアをモチーフとした架空の国家という部分まで一緒

…うーん、意外と共通項が多いですねぇ。なんというか、『PSYCHO-PASS』はアニメであり『MOZU』は実写ドラマという次元の違いさえあるというのに…なんでしょうこの共通さは。

ちがうとこ

あきらかに違うとこ…アニメか実写か?とかSFか否か?北九州ロケか否か?とかは除きます

  • 『PSYCHO-PASS』は刑事達の人間関係やチームワーク(を培う課程や崩壊するもろさ)などの群像劇を描いているのに対して『MOZU』では主人公は職場外の人物と共闘しがち。
  • 両作品とも『警察機構、その上部にある闇』みたいなのを描くも、その部分をさらけだしてその有様を描く『PSYCHO-PASS』に対して、その部分がいかにヤバいかみたいなのをチラチラにおわせるばかりで終始する『MOZU』
  • 原作が30年前の小説である『MOZU』、原作が書き下ろしの『PSYCHO-PASS』
  • 2期がつまらなかった『PSYCHO-PASS』、劇場版がつまらなかった『MOZU』

…つまらなかった、だと…??

『PSYCHO-PASS』2期のつまらなかった部分
  • キーパーソンでござる、という雰囲気ビンビンで出てきた東金執行官が、中盤まで思わせぶりに活躍してたクセに終盤になってペチャペチャネタばらし台詞言ったり、実際の正体が思ってたよりしょぼかった。
  • というか、正直劇場版とのタイアップ的な内容で、あんまり劇場版につながるエピソードがなかった。霜月監視官の態度や須郷執行官が一係に配属されている部分だけが地続きとはいえるが…霜月監視官の態度だって、TV2期での「全部を知ってしまってなおシステムに従順な市民のテストケース」ともとれるし、もともとの性格(TV2期初期のツンツンさ)のような気もする。(とっても余談ですが、レンタルなのにスタッフさん三名のオーディオコメンタリーが聞けて、霜月監視官がスタッフの皆さんに愛されてるのが好感もてました。)

劇場版『MOZU』のつまらなかったところ

  • みなさん、瞬間移動しすぎ(劇場版新約Zガンダムを思い出す瞬間移動ぶり。)
  • 尺たりなさすぎ(色々とちからざわ、強引な説明ですませている部分が多い。)
  • 作品全体の重要な謎、【ダルマ】の正体が…ア、ハイ…
  • TV1期第一話から引き延ばしてきた娘の死の真相も…うーん…

あ、最後にどちらにも共通する点がもう一つ。第一期はサイコーに面白かった、ある意味第一期で全て完結していても文句はなかった。

(蛇足を承知で書いておくと『PSYOCHO-PASS』はかろうじて1期→劇場版を見る価値はあった。常守・狡噛・宜野座の三者にとっても決着をつけた、よいラストだった。)


『PSYCHO-PASS』こそ劇場で見ておくべきだったなぁ。『MOZU』は…なんで見に行ったんだろ… それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク