運用期間の決まった投資つれづれ

時間は有限です(とうとつ)モ人です。

-shared-img-thumb-LISA78_MBAsawaru20141018102912_TP_V

先日、とある投資界隈にて「運用期間10年、教育資金を積み立てるならどうする?」というお題でポートフォリオを組んでみようという話がありました。モ人はブログでの主張どおり

パターンA:【セゾン・バンガードGBF】50% 【セゾン資産形成の達人F】50%

パターンB:【eMAXIS バランスファンド(均等8資産型)】80% 【eMAXIS全世界株式ファンド】20%

の二案として回答しました。他の方のポートフォリオもなかなか勉強になり、大いに盛り上がったのですが…

積立っていっても自動積立じゃなくてもイイですよね?

コレ。ほんまコレ。手間からすると完全自動積立にはなかわないけど、手動積立だったら(やろうとおもえば)そのときどきで一番比率の小さい資産に対して多めに新規マネーを注入できるんですね。(繰り返しになりますが、やろうとおもえば、です。)コレはでかい。

なんといっても「オレは特別な能力も、相場観もないし、決断もしていないけど、自然体で常に有利な投資行動をとっているんだ」という気持ちがもてます。(常に有利、のあたりは自己欺瞞の側面もありますが。どれぐらいのスパンでみて有利か?とかホントに有利か?は判らないですけどね。気分の問題。でも人間のする事なんだから気分は大事)

いや、自動でもイイですよ?自動で一年毎に積立額配分を見直す…とかになるのかな?それはそれでハンドリング(制御のしやすさ)が煩雑になりそうですがね。

あと、パターンAにしろパターンBにしろ「株式というアセットクラスに対してポジティブすぎる」というのが我ながらやらかしてるかな?という懸念もあります。ゴールが10年後と決まっているのなら2割は国債で元本保証ぐらいの心構えの方がイイような気がしてきました(小心者)


そんな感じで、「10年後に現金化という制約のある」=「目的のきまっている」お金の運用を考えるという、なかなか新鮮な機会をいただいたモ人。実際取り組んでいる投資も個人個人の人生観や状況次第で色々と違いはありますが、少なくとも「運用期間」をある程度限定して考えるとリスクの取り方、捉え方も変わってきますね。

さぁ、実際の教育資金(かける三人分)を稼ぐ為に、とうちゃんしごと頑張っちゃうぞー #棒読み #それが一番辛い

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク