「わたしは、お金で動く」東京ソラマチのダンボー写真展-『365 Days of Danboard』に行ってきました

(よつばと、読んだことなかったんです…)

DSC00397

というわけで、このシルバーウィークは子供らをひきつれてあっちやこっちや遊び倒してたので、そのほんの一部をブログでもシェアします。…もはや投資でもなんでもない(と思いきや?)

ダンボーとはなんぞや?…モ人も原作読んだのは今回が初めてでした…

ダンボー:ダンボールでできたロボット(…の被り物キャラ?)というのは知っていました。それがあずまきよひこ氏の描くマンガ『よつばと!』に出てくるゲストキャラである、という事やどうも劇中の小学生が夏休みの自由工作の作品として手掛けたもの、「わたしは、お金で動く」「たいへんよくできました」という断片的な情報…

そんな、よくわかってないながらも「なんかカワイイし」という理由(!)でモバイルバッテリーを買ってたモ人夫婦。

去年の夏にはKITTEにてゆうパックダンボーのミニフィギュア販売記念イベントなんかにも行ってました(嫁さんが。平日だったのでモ人はお仕事してました。)

今回のイベント(写真展)情報を拾ってきたのもやっぱり嫁さんでした。…アンテナ高すぎやろ…

ダンボー写真展|東京ソラマチ ダンボー写真展|東京ソラマチ

や、具体的には「イベント限定グッズ」のニュースを捕まえてきたんですね。

ダンボー新グッズ「HELLO」トートバッグに限定色、東京ソラマチの青空カラー – コミックナタリー ダンボー新グッズ「HELLO」トートバッグに限定色、東京ソラマチの青空カラー - コミックナタリー

この記事にあるトートバッグ(限定の青空カラー)を見て「これ、いいねー欲しいよねー」とおっしゃるんです。(この段階では、夫婦二人してこのトートバッグの値段知らずに会話してました。会場で初めてお値段を確認してひっくりかえる夫婦…ちょっと手が出ない…)

モ人も、子供らもダンボー好きですから「じゃあシルバーウィークの予定として考えておくか」という事に。

やっぱり予習は大切よな。ダンボー登場エピソードがおためし購読可能だったので読んでみた。

よつばと!おためし(第28話) よつばと!おためし(第28話)

上記リンクから始まる28ページのマンガが、(原作内マンガでの)ダンボーのだいたい全てを物語っているらしいです。(ダンボー登場は上記の初登場エピソード以外では一エピソードのみとの事…も、もったいない…!!)

特に(ここでやっと)投資家および投信ブロガーであるモ人的に刺さった(?)フレーズとして17ページ目の

「私は、お金で動く」

コレ!!コレですよ!!!なんたる正直さ!!って電気で動かないのに100円で動くのか(笑)

DSC00407(100円投入口と、お金をいれるフリをするセガレ氏の腕)

「お金で動く」ってのは、ギャグかもしれないけど、だいたいみんなそうだよね

最近更新した

競争原理の極北?!ヨドバシで洗濯機を買った話の続き競争原理の極北?!ヨドバシで洗濯機を買った話の続き | これが我が家の生存戦略

にも書きましたが、企業は利益を最大化する方法を考え続けてるし、消費者はコストあたりの効率を最大化したり、コストそのものを切り詰める為に、お互いの情報・状況の許す限りの経済合理性を追求した選択を行う(だろう)と考えられます。

そして、その選択を繰り返し、大多数の企業や消費者が行った結果の積み重ねとして不要な企業・商品・サービスの淘汰が行われたり、意外な発明による新商品販売やもっと大きなくくりでいう経済の発展が行われる…という考えがあります。

このあたり、状況に応じて生物の種が増えたり減ったりという『進化論』のようなニュアンスでしっくりくるものがある一方で、「ホントにそうなのかな?」「ホントにそれだけかな?」というあまのじゃくな気持ちも湧いてくるモ人。

「お金で動く」というのは事実かもしれないけど「動く判断はお金だけ」と断言するのには抵抗がある。動く動かない、動くとしてどんな方向?という判断に対して「お金」という要素は無視できるほど小さい影響ではないけど、それが全てだと思いたくは無い、といったところでしょうか。

いや、思いたくは無い、というフワッとした感情論だけでなく「お金が全てですよ」という態度を取り続ける消費者って結構簡単に企業側の手玉に取られちゃう⇒かえって非合理な状況を自ら招いちゃうんじゃないの?という不安もあるんですよ。ヨドバシドットコムの一件はそういう事をしみじみ考えさせられました。

小難しい(こじつけ?)ことはコレぐらいで、あとは写真をどうぞ

写真自体はエントランスと出口付近フィギュアコーナーのみ撮影可能でした。当たり前ですが、写真展内は撮影不可。

あ、写真集そのもののリンクも貼っておきますね。ついつい買ってしまいそうなハートフル写真満載でした(って写真展そのものが終わっているのに、なんで宣伝口調なの…)

DSC00408

エントランスで迎えてくれる 段 ボ ー ル 製 の ダ ン ボ ー with よつば

DSC00411

11月からオンラインストアで発売予定のニャンボー…け、けしからんかわいさだ…まったくけしからん…(ポチッ)

DSC00424

ゼーレVer!ってアツいな、なんだそのネタ!?と思って検索してみたら…な、なんかスゲー殿様商売の特典として悪評高いという事が判明してゲンナリしてしまいました…

うん、これに一万円出すぐらいならノーマルVerと黒スプレーやモノリスの文字を気合いでレタリング(マスキング?)して赤で書いて自作したくなるわな。

オマケ。我が家のダンボーら

DSC00678

まず、今回「せっかくだから」とご購入のノーマルさん

DSC00682

去年のイベント時に嫁さんが買ってきてくれた「ゆうパックダンボー」

(当ブログ的にはセゾン投信さんの資本提携先であり、大株主である日本郵便さんへの側面射撃…という事でどうやろ?…厳しいか??)

DSC00684

セガレが所望したご当地ダンボー@築地。リボルテックほど動かないし、目も光らないけど頭部段ボールは開閉可能、中にそれぞれのアイテムが収納可能となっています。カワイイ!!

DSC00686

(ニンジャスレイヤー読んでると「ツキジ・ディストリクト」とか「マグロ・スシ」に過剰反応しそうになる…)


・▲・

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク