セガレが拾った一円玉の話(前編)

イヤー!!!ネオサイタマにほど近いオールドトウキョウ郊外、早朝の静かな空気をニンジャの驚く声が響き渡っt…あ、ニンジャスレイヤー風は必要ない流れですね。モ人です。

IMG_20150510_131336(この写真自体は、拾った一円玉ではなくて後日「お、コレはブログネタに使えそうだ!」と考えたモ人がセガレに改めて写真撮影の為に手のひらにモ人の財布から出した一円玉を乗せて撮らせた、いわゆる『ヤラセ写真』です。 #先に白状しとく)

セガレ、一円玉を拾う

ゴールデンウィークのある朝、セガレとゴミ出しに出かけた際についでの散歩をしていた時のことです。(というか、何故かウチのセガレはゴミ出しについてきたがるんですよね…平日はゴミ出し行きたい!という子供に仕事なんだしついてくるな!の押し問答が面倒なので、子供らが起き上ってこないウチに出るのが当たり前になってます。)

道を歩いていると、一円玉が落ちていたんです。あ、とモ人が気が付いた時にはセガレが「あ!お金だ!!」と拾い上げていました。

もともと「お金」に興味津々だったセガレエピソード

こんなブログを運営してるモ人の子だからなのか、セガレは「お金」というツールに興味津々なようです。幼稚園でも友だちとのおままごとの中で、めいめいそれぞれの「おみせやさん」に扮している中、セガレは

「ぎんこうやさん」

…お、おい…ぎんこうやさんて…(なんかアカンヤツのひびきを秘めとるぞ…)折り紙を長方形、円形に切ったものに10とか100って数字を書いているものをどっさりと用意して、ニコニコしてたそうです。

また、買物でレジに立つとお釣りをもらいたがったり、モ人や嫁さんが支払っているお金を注意深く眺めてたり(クレジットカードやナナコで買物すると「またカードかよ!」とツッコミを入れてきます。WAON支払いは犬の声が楽しいらしいのでお気に入りなご様子なんですが)

一円玉を拾ったセガレのハッピーな一日が始まった

拾ったその時から、「お金だ!お金が落ちてた!」とハイテンションなセガレ。冒頭のニンジャ風シャウトがさく裂しそうなほど、それはもう大喜び。すかさずクギをさすモ人

モ「いいか?拾ったお金は警察に届けるんだぞ?ホントはな。ホントはおまわりさんのところに持っていかなきゃならんのだ。」

セ「そっか!じゃぁ持って行こう!!」

モ「しかし、しかしだ。一円玉一つだと届けられたおまわりさんもびっくりするだろうから、今日はセガレがもらっておきな」

セ「そっか。」

家に帰ってから、嫁さんと妹達(ムスメちゃんとルーキーちゃん)に見せびらかすセガレ。あきれる嫁さん、よくわかんないけどアニキが喜んでいるので楽しいお祭りが始まると思い込んでテンション上げてきたムスメ、朝ごはんが遅くてキレてるルーキーちゃん、と三者三様の反応を見せる女性陣。

そんな女性陣に一円玉を見せびらかして得意満面なセガレを見ていると「なんというお調子者よ…」と不安になるオヤジ一人…。

その日は、嫁さんの裁縫作業の関係で子供三人を引き受けて公園に出向くモ人。

(まったくの余談ですが、セガレの幼稚園関係の縫い物。手裏剣戦隊ニンニンジャーのアカニンジャー忍び装束を模したエプロン。ニンジャ?!ナンデニンジャ?!)

公園で偶然でくわした友人にも一円玉を見せびらかすセガレ。すべり台に登る時にも尻ポケットに入れている一円玉を取り出して確認をするセガレ。バスの遊具(?)を運転する時にも、あたかもカギかのように取り出して装填するセガレ。

よっぽどのお気に入りのご様子です。こんなゴキゲンテンションがずぅっと続いていました。


…っと全部つらつらと書いていくと見事に3000字オーバーしてしまいました。コレはよろしくない。というわけで前後編に分割~

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク