プレイバック前年同月 2014年4月は?

何気に(モ人自身のブログ運営の)参考になる『前年同月』シリーズ。今月もフツーにみていきましょう。

TSU86_iejiwoisogu500

【速報】政府が厚生省公安局による治安維持活動を承認へ【速報】政府が厚生省公安局による治安維持活動を承認へ | これが我が家の生存戦略

去年のエイプリルフールネタですね。新ブログになっても折に触れて取り上げている『PSYCHO-PASS』について初めて書いたネタです。最初は「修羅の街・北九州」を舞台に~という方向で考えていたんですが、自分らで「修羅の街」とか言っちゃうのはどうなの?と思い立ち、ブレーキを。

最近は犯罪率下がってきてるらしいし、パイナップルも発見されてないから、おとなしくなってるんじゃないですかね。フツーに。

というのはウソ!#エイプリルフール #ネタバレというのはウソ!#エイプリルフール #ネタバレ | これが我が家の生存戦略

『PSYCHO-PASS』の具体的な紹介。ここで取り上げている書籍は後に文庫化してお手頃な値段になってます。よければ、下記の読書感想文も合わせてご覧ください。

読書感想文:PSYCHO-PASS 上・下読書感想文:PSYCHO-PASS 上・下 | これが我が家の生存戦略

【ひふみ投信】の第一回ブロガーミーティングにオンライン参加しました【ひふみ投信】の第一回ブロガーミーティングにオンライン参加しました | これが我が家の生存戦略

なんちゃって参加でした…面白かったけど。ただ、今にして思うとブロガーミーティングというよりブロガー向けセミナーという趣が強かったのかも?いいとかわるいとかではなく、率直に。

粛々とリバランスを実行 2014年4月粛々とリバランスを実行 2014年4月 | これが我が家の生存戦略

 リバランスしたどーという報告ですね。実質的な2014年3月末の運用報告でした。

ブログ開設満2周年を迎えましたブログ開設満2周年を迎えました | これが我が家の生存戦略

 2周年という事で、アクセス数とかエントリ数の振り返りをしました。

『オモシロ被検索ワード』〜個別ファンド編〜 2014年4月『オモシロ被検索ワード』〜個別ファンド編〜 2014年4月 | これが我が家の生存戦略

『オモシロ被検索ワード』〜分配金編〜 2014年4月

『オモシロ被検索ワード』〜分配金編〜 2014年4月 | これが我が家の生存戦略

被検索ワードをあげつらって。被検索ネタはちょっと思うトコロあるので、いずれしたためられれば。

変わらない方針故に変わりゆく【セゾン資産形成の達人F】のお話 2014年4月

変わらない方針故に変わりゆく【セゾン資産形成の達人F】のお話 2014年4月 | これが我が家の生存戦略

タイトルの通り。方針を変えない=行動・組入れファンドを変えないのではなく、環境に沿った形に変化させていく…という【セゾン資産形成の達人F】の振る舞いについて。

あと、昨年秋から何かとブロガー界隈で風当りの強くなってきて【コモンズ30ファンド】の組み入れをやめた【セゾン資産形成の達人F】ですが、直近の交付目論見書では「組み入れファンド」として紹介されています。ちょっと思うトコロあるのかもしれません(【コモンズ30ファンド】も均等組入れに戻っているみたいですしね)

そろそろ三人目の子供が生まれますそろそろ三人目の子供が生まれます | これが我が家の生存戦略

(というわけで更新ペースが落ちるよ!という予告だったのに、大して変わってないのはなぜなんだぜ…)

FOLIO.Vol4の財政破綻特集が勉強になる件FOLIO.Vol4の財政破綻特集が勉強になる件 | これが我が家の生存戦略

面白かった電子書籍のご案内。なんでしょ、今頃でいうとピケティ的な資産課税(といいつつまだピケティ読んでませんが)の準備を始めている雰囲気を感じる世の中の動き…

無事に第三子出産・母子共に退院いたしました無事に第三子出産・母子共に退院いたしました | これが我が家の生存戦略

母乳フリーザーパックとか思い出した(笑)退院以降使ってません(笑)しかし、もう一年…というより、まだ一年なんだねぇ…

(もっと昔から五人家族だった気がしてる)

(折りにふれて書いてますが)

読書感想文 評価経済社会・電子版プラス [Kindle版]…の前フリ読書感想文 評価経済社会・電子版プラス [Kindle版]…の前フリ | これが我が家の生存戦略

読書感想文 評価経済社会・電子版プラス[Kindle版]読書感想文 評価経済社会・電子版プラス[Kindle版] | これが我が家の生存戦略

…えーっと…いちやくアレな方向に「時の人」になってしまった岡田斗司夫さんですが、本に罪はないと思うんですよね。うん。

というか、あの人の『話題になった』振る舞いが本当だったとして、どうやら家族とか夫婦関係を『そういう風』に捉えたら?という本も書いてるみたいなんですよね。だから事件が発覚した時に、真っ先に思ったのが

「あ、あの考えって実践してたから、アイディアとして出てきた(というか発表したかった)、って事なんだな…」

「あの考えはやっぱ抵抗がある。とても受け入れられない。」

だから、人格として問題があるとか聖人君子ではないとか思っても「だから著作が全部信用ならない」とまでは思わないのです。

上記の『評価経済社会』もそうですし、その後11月にとりあげた『人生の法則』も面白かったです。書いた人の人格は横に置いといて、是非広く読まれてほしい本ですね。

読書感想文 人生の法則「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人読書感想文 人生の法則「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人 | これが我が家の生存戦略

いやはや…よくもまあ書いたもんですね。(自分だろ)

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク