月面の優良企業に集中投資を検討してますってんなわきゃぁない #4/1

(ネタです)

月は出ているか?

PPW_cyuusyuunotuki500

見上げればいつもそこにある安心感、全地球人が求めてやまない「近くて遠い」天体-それが月。地球からつかず離れずのかまってちゃん、でもけっして後ろを見せないシャイさも兼ね備えた憎めないヤツです。また、お日様次第で顔を出す部分を変える気分屋でもあり、たまーにお日様を隠してしまうお茶目な面も。

そんな『月』

人類が月に移住しようと思い立ってから早15年、この間に月面太陽光発電の恩恵によって地上のエネルギー問題が解決できたのも記憶に新しいと思います。

常にそこに居続け、私たちを見守ってくれている『月』…そんな『月』に本社・工場を持ち、私たちの生活を豊かにしてくれているいくつかの企業の個別株に集中投資を検討しています。まだまだ具体的なアイディアではないのですが、備忘録がてら「何故、月なのか?」「どういう特徴があるのか?」を記しておきます。

アナハイム・エレクトロニクス

トップバッターはやはりこの『アナハイム・エレクトロニクス』ですね。wikipediaからの引用です。

アナハイム・エレクトロニクスは、電子・電気機器の製造販売を中心とする軍産複合企業である。本社は地球、北アメリカのカリフォルニア州アナハイムにあり、月を主な拠点として一般家電製品の製造で業績をあげていたが、一年戦争を契機として本格的に軍需産業分野にも乗り出し、地球連邦軍に対しての電子機器の開発、さらにはモビルスーツ (MS) 本体や宇宙艦船の開発、量産までをも行うようにもなった(詳しい経緯については“社歴”の記述を参照)。その企業としての力は宇宙世紀の世界でアナハイム・グループと縁の無い企業は皆無と言われるほどで、また地球連邦政府とも深く癒着して政界にも絶大な影響力を持ち、月に資本の大半を移していることから「月の専制君主」、連邦軍の軍事発注を一手に引き受けていることから「死の商人」等と人々から嘲笑の対象としてみられることもあった。
キャッチフレーズは「スプーンから宇宙戦艦まで」。

「スプーンから宇宙戦艦まで」!

イイですね~この節操のなさ。サイコーです。アナハイム社自身は文中にあるように地球連邦政府との強力なパイプ…おっとコレ以上はやめておきましょう。ビスト財団なんか関係ないですからね!絶対に!!絶対に!だ!!

清水建設

月赤道上に太陽光パネルを敷き詰めた&言いだしっぺ。デッカイ仕事をしてくれます。月面基地なんかもこの人らの仕事ですね。月面基地発足当初は沖一也さんも特別協力されたとか。

月面基地そのものは、月面入植時の役目を終えていますが、月面行政府のうち、地球へのマイクロウェーブ送信アンテナの為に、無人ではありますが設備は稼働しています。

(そのマイクロウェーブ送信にしても、現在は新型アンテナがフォン・ブラウン市近郊に設置されていますし、大した出力も出ないので今後は使用されることはないでしょう。)

月行政府(債券)

『清水建設』の部分でも少し触れましたが、月行政府では月赤道上で太陽光発電された電気をマイクロウェーブやレーザー光で地球へ送電する役目を担っています。従来の枠組みでいうトコロの「公社」「公団」に近く、もう少し月面生活圏の規模が大きくなると従来の自治体行政と地球へのエネルギー送信事業の分離が図られるかもしれません。

モ人としてはエネルギー送信事業そのものに魅力をもっている(=投資先として今後さらなる拡大・発展を期待している)ので、できる事なら直接投資したいのですが…今はまだ行政債として保有する事でガマンしておきます。

ま、自己欺瞞の方法論として「リスクをとって月面に移住した人々の為に、広く薄く役にたってもらうお金を、寄付とは違う形で託す」とでもしておきましょうか。

グラナダ学園(特典付きマイクロファイナンスファンド経由)

月面のグラナダ市にある私立高校。高校でマイクロファイナンスファンド?というのも不思議な感じですが、正確にいうとこちらの高校の部活動「ガンプラバトル部」に出資、という形をとっています。

実はこの『グラナダ学園』は徳島にサテライトキャンパスを持っており、その徳島校のガンプラバトル部にヨーロッパトーナメントのジュニアチャンピオンを招へいする計画があるそうなんです。しかし…なにぶん今までガンプラバトルの実績が無い学校なので、全国大会に出場する為のノウハウや設備などの部分で不安が残る…。

そこで、ヨーロッパチャンプ-ルーカス・メネシスの実力を全国大会で発揮してもらうべくサポートする体制を整える為に資金が必要なようです。目的の性格上「売上のうち〇〇%」というリターンではなく、「グラナダ学園の勝利」=「グラナダ学園の来期入学志望者の増加数(推定)」と定義し、1試合勝ち抜くたびに相応のリターンを設定しています。決勝まで勝ち進むと元本の1.5倍、優勝で1.7倍といったところです。

また、出資者特典として「ガンプラバトル選手権U-19 全期間VIP席観覧チケット(with 三代目メイジンカワグチ)」が抽選で一組(家族五人までOK)に当たるとの事。抽選に漏れたとしてもS席3人分が配られるとのこと。コレはでかい!!というかメイジンカワグチと一緒にサイコーのガンプラバトルを観戦し放題とか!!フツーでは考えられませんね、こんなアツいネタは!!

というわけで、ヨーロッパチャンプの扱うガンプラ-クロスボーンガンダムX1:フルクロスを正座して作りながら抽選結果を待ちたいと思います。


集中投資…なんて甘美な言葉でしょう…(ウットリ

とはいえ、自分の資産はいまだ小さくとも大切な虎の子。全体として大きく減らすわけにはいきませんからね。集中投資といえども、モ人家資産のうちのごくごく一部を振り分けるにとどめます。タイトルからして「お!コイツもついに個別株トレーダーに転向しやがったか(笑)」と思った方々もいらっしゃるかもしれませんが…。

あくまで、『月』への投資は『コア&サテライト戦略』の『サテライト』部分です!!

『月』だけに『サテライト』!!

そ、それでは このへんで

つきはいつもそこにある

スポンサーリンク