葛藤の末に『福島三春町 ガイナックスアニメファンド』に出資しました

…い、いやー…まるっきり勢いですが、ね。

20150223170034

 またまたセキュリテでクラウドファウンディングに投資したモ人。今度は『アニメ制作会社の立ち上げ』?!

というわけで、タイトルに書いてあるとおり『福島ガイナックス』社に出資しました。出資金額は1口:わずか2万円のみ。

上記が公式サイトですが、実は公式サイトより詳しく(?)リサーチされていたり、別の側面からの情報及び熱量を盛り込んだ良エントリを先行してm@さん:”いい投資”探検日誌がまとめあげられています。

…『蒼きウル』が福島ガイナックス制作とか、ココで初めて知りました。…うん、最近…というか結婚してこちらこっち方面のアンテナが低くて…特撮(主にスーツアクターさん、俳優さん、脚本&監督)情報は何故か嫁さんから入ってくるんですけど、ね。

このファンドの事をセキュリテのメールマガジンで知った時には、それこそm@さんが書かれているとおり

学生時代は王立宇宙軍 オネアミスの翼やふしぎの海のナディアにハマり、働いてからはエヴァンゲリオンにハマった私としてはこのファンドを見過ごすことは出来ません。貞本義行さんのイラストが好きなんです。という事でこのファンドには脊髄反射的に出資を決めました。(資金用途などは一通り確認しましたが)

自分も脊髄反射で出資しかけました。

(だれにも聞かれていない事をわざわざいうと、自分は小学校時代にふしぎの海のナディアに触れ、高校生活を新世紀エヴァンゲリオンにささげ、ちょっとこじらせてオネアミスの翼トップをねらえ!をさかのぼって学んだクチです。あと彼氏彼女の事情まほろまてぃっく…)

天元突破グレンラガンは未見なクセに、その後独立したチーム:Triggerの制作したキルラキルは存分に楽しませてもらった『にわか』です。この春からはTrigger制作のニンジャスレイヤーフロムアニメイションが楽しみ)

葛藤ってなにさ?

実を言うと…モ人はアニメが好き過ぎて、このファンドに対してかえって警戒…といいますか「出資しちゃっていいの?」という気持ちがあります。(コレは今でも)

  • 資金の使用使途を見ると、主にアニメーターさんの人件費。アニメ関係者の友人(ガイナックスさんではないです)を持つ身&別方面から「アニメーターは経済的に大変」という苦労話を聞きかじっている身としては複雑。
  • 「人を育てる能力が~」と書いている。確かにガイナックスさんには、その能力があるだろうけど、育ち過ぎた人材が『カラー』とか『Trigger』とか別会社作って独立しちゃってるじゃん…
  • 特典である『スタジオと併設予定のアニメミュージアム「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」年間パス2年分×2名分(合計2万円相当)』『出資者限定 福島ガイナックスオリジナルアニメのキャラクター設定資料、複製原画セット』どちらにも魅力を感じず。(失礼だな)
  • 前者(年間パス二名・二年分)は「距離がありすぎて通い詰める程楽しめそうにない」「移動に3時間半もかかる(google先生に教えてもらった)ので、セガレとムスメが移動に耐えられずに爆発しそう。その上、ミュージアムを楽しめる程大きくなってない(し、楽しめる程大きくなったころにはパスの期限は切れてる)」
  • 後者(福島ガイナックス関連アイテム)に関して、ガイナックスというブランドのみに対して信頼をおける程のクオリティが約束されてない(厳しい言い方ですが…)さらにいうと、一昔前のモ人なら「未知数のクオリティに対する投資」「かえって期待できる」といいそうなのだが、残念ながら貴重なアイテム(複製原画とか!)を入手しても管理できる自身がない。タダでさえ、最近模型誌のバックナンバー(1999年から!)を断捨離してメンタルがすり減っているのに…
  • というか、オレが出資しなくてもファンがしっかり支えるんじゃないの?オレみたいな『にわか』が出る幕ないんじゃないの??

…い、いやーグダグダ言ってますね。なんなんでしょ、この悶々としている野郎は。しかし、なんだかんだでやっぱり「一枚かんでおきたい」話題です。

特典につられてなくてもイイぢゃないですか。

また、何気に「地方発!コンテンツ制作会社」ってのにも興味、といいますか応援したくなる気持ちがあります。

地方発コンテンツを応援したい理由とは?

コンテンツ産業・出版産業ってどうしても『物流インフラの整った』都心発になりがちだと感じてるんですよ。でも、地方にだって、色々な風土・魅力があるのであって、そうした背景の中で培われた感性を持ってコンテンツ制作に携わった人たちがどんな作品を作るのか?というのが気になるのです。

アニメでは『地方発!』というのはなかなか耳にしないのですが、ゲームではちらほら。

たとえば、我が地元・福岡県には飛ぶ鳥を落とす勢いの地縛霊キャラクターを生み出した『レベルファイブ』さんが居ます。2008年から博多の森競技場のネーミングライツを買える程、しっかりと儲けている(=事業をまわせている=地方発!のコンテンツを世の中に発信できている)ようです。

(ガンダムAGE…ウッ頭が!)

また、同様に九州発ですが熊本に本社を置く『アルファシステム』さんもモ人としては外せない『地方発!』です。特に「ゲームの舞台を取材する費用を抑えるために、地元である熊本を舞台として選んだ」というコペルニクス的発想の『高機動幻想・ガンパレードマーチ』には驚かされました。

(またまた脱線ですが、就職し車を購入した後、親しい友人らとガンパレ舞台巡りを計画してました。まだ結婚前でしたねぇ…赤のれん、行きたかったナァ)

熊本:赤のれん:熱烈的居酒屋記! 

(参加メンバーの体調不良だったんで、いたしかたない事情だったのではありますが)

話がとっちらかってしまいましたが、とにかく『地方発!コンテンツ産業』の良いモデルケースになってくれれば、という願いを込めて、ホンの少額ではありますが出資者として『いちまいかんでみる』事にしました。

ご興味のある方は、出資を検討なされてはいかがでしょうか?

(3/3現在、出資枠はまだまだ7割残っています。)

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク