第五回k2k2ダービーにも引き続き(めんどくさい方法で)並走いたします

タイトルにあるとおり、rennyさん@rennyの備忘録で開催中のWeb企画『k2k2ダービー』に関するネタです。

第5回k2k2ダービー出場者募集の件 #k2k2 #k2k2D | rennyの備忘録 (投資信託でk2k2と育ててます!) 第5回k2k2ダービー出場者募集の件 #k2k2 #k2k2D | rennyの備忘録 (投資信託でk2k2と育ててます!)

というわけで、『第五回k2k2ダービー』の参加申し込みも締め切られたので自分のポートフォリオ表明&対照ポートフォリオ、このブログでどんな風にウォッチしていくか?をつらつら綴っていきます。

PAK75_windsjyougaibakenjyoude500

と、その前に現在開催中でありあと少しで終了する『第四回k2k2ダービー』の事前表明エントリの確認を行いましょう。

≪告知≫第四回k2k2ダービーに(めんどくさい方法で)参加します! #k2k2d≪告知≫第四回k2k2ダービーに(めんどくさい方法で)参加します! #k2k2d | これが我が家の生存戦略

概要
・毎月1日にバーチャル資金50000円を用いて3つ以上のファンドを積み立て購入する。コレを6ヶ月行う。
・期間中、一度だけファンド積立額の変更が行える。ただし制約も多いので、気になる人は公式エントリ(ってrennyの備忘録の以下のエントリの事)を参照の事。
・参加費、参加資格特になし。同じくrennyの備忘録発のイベント、投信ブロガーが選ぶ!Fund of Yearの投票と違って、ブロガーである必要もなし。
・参加者一名につき、一つのポートフォリオのみ。多頭出馬禁止。
・賞金、無し。但し栄誉を得る。

…というわけで、今回10月から始まる第四回k2k2ダービーに改めて出馬いたします!
そして…こうしてわざわざブログにて宣言したのです。ちょっとひねりを入れて勝手にダービーのウォッチを行います。
1.勝手に競争馬を並走させる
2.勝手に各種コストを計算、可視化させる。(もちろん、パフォーマンス同士も含めた比較も目的)
3.勝手に組み入れファンドの紹介を行う。

…お、おう…(組み入れファンドの紹介…できてないですやん…)

き、気を取り直して今回の参戦ポートフォリオをご紹介しましょう。

1.世界の息吹(公式参戦ポートフォリオ)

前回ポートフォリオが、『燃えろ!日本株』という名前で、日本株式に投資するアクティブファンドを5つ、均等額買付していました。

コレはコレで、5つに分散させた個性・投資対象・投資哲学のファンドだったのですが、やはり他の「国際分散投資」ポートフォリオと比較すると、パフォーマンスが奮わない局面も。逆に、終盤は日本株式が見直された時期を挟んだので、追撃⇒イイところまで来ています。(3/21時点で3位)

こうした結果を見るに「アクティブだろうとパッシブだろうと、国内株式単一集中投資をするとこうなる」という実験を行ったような気分に。それが悪いとか取るに足らないとか言いたいのではなく、実態としてそうだったのでは?という事ですね。

今回は…ズバリ「全世界株式にアクティブに投資」をテーマに以下の三ファンドを選定しました。

ファンド名 投資対象 買付手数料 信託報酬(年率・税込) 買付額(円/月)
セゾン資産形成の達人ファンド 全世界株式(日本含む) ノーロード 0.5832% \30,000-
朝日Nvest グローバルバリュー株オープン愛称:(Avest-E)  先進国株式(日本含まず)  ノーロード  1.9440% \10,000-
ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド  フロンティア株式  ノーロード 1.4472%  \10,000-

Avest-Eは最近m@さん@”いい投資”探検日誌 from 新所沢にてとりあげられていますね。分配金を気前よく出すのがアレでしたが、m@さんが実践されているように、NISA口座で保有するとその影響が抑えられます(NISA枠100万円を積極的に使いたい人には不向きではありますが)

ファンド定点観測2015年2月:朝日Nvestグローバルバリュー株オープン – “いい投資”探検日誌 from 新所沢 ファンド定点観測2015年2月:朝日Nvestグローバルバリュー株オープン - "いい投資"探検日誌 from 新所沢

ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドは…何気に魅惑の「フロンティア」株式。エマージング(新興国)ですらない、本当に「これから」という気概・エネルギーを感じる地域です。と、まぁヤマっけのあるのもいいですが、このファンドを選定した理由として最近読んだ&読書感想文を掲載した

読書感想文:世界史の誕生読書感想文:世界史の誕生 | これが我が家の生存戦略

の影響ってのもあります。中央アジア、中東などの地域の「これから」を見届けたいという気持ちもあります。(ただし、1.4472%のコストに加え、FoF方式なんで実質の信託報酬は2.1492%年率・税込。さすがに自分で投資しようとは思えない…)

そうそう、『ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド』で検索していると以下の懐かしエントリもひっかかったのでシェアしておきましょう。

資産(1/2)倍増プロジェクト(フロンティア株式部門) – ちんあおの小さなお金のブログ 資産(1/2)倍増プロジェクト(フロンティア株式部門) - ちんあおの小さなお金のブログ

(2015年3月現在、ジャイアンシチューには組入れられていません。再度の復活はあるか?:アカン)

2.たんたんとインデックス(ただし全世界株式):対照

コチラは、上記ポートフォリオのライバルとして。前回も『燃えろ!日本株』に対して『たんたんとインデックス(但し日本株のみ)』を設定したように、シンプルにインデックスファンドのみだとどうなるのか?を検証します。

ファンド名 投資対象 買付手数料 信託報酬(年率・税込) 買付額(円/月)
ニッセイ外国株式インデックスファンド  先進国株式(日本除く) ノーロード   0.4212% \40,000- 
 日本株式インデックスe 日本株式  ノーロード   0.3996%  \5,000-
 eMAXIS 新興国株式インデックスファンド  新興国株式  ノーロード   0.6480%  \5,000-

…だいたい時価総額ウェイトを意識してますが、あくまで『だいたい』です。ざっくり。日本株式一割、新興国株式一割。

3.今後のウォッチ方針

既に並走しているポートフォリオ四つに対して、上記二つを加えた全六ポートフォリオに関して、いままで同様のウォッチを行います。つまり、評価額、損益、コストの計算ですね。

そして、エントリを二つにわけて「2014年10月スタートの途中経過」と「2015年4月スタートの途中経過」を並行して記していきます。こうする事によって、半年間のラグがどんだけ影響を与えうるか?のチェックができるのではないか?と考えています。(期間を長くとると、影響が小さくなるのではないかな?とも予想しています。)


ひとまず、取り急ぎの企画紹介エントリでした。第四回k2k2ダービー終了後には、いったんの総括を行いましょうかね?

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク