祝!【ひふみ投信】の基準価額がついに30000円/万口を越えたので基準価額について改めて確認してみる

モ人も投資している&当ブログで何度も取り上げている【ひふみ投信】の基準価額が30000円/万口を突破しました!!めでたい!!!

reosu

レオス・キャピタルワークスの皆さん、【ひふみ投信】および【ひふみプラス】の全ての受益者の皆さん、おめでとうございます!!!

基準価額が20000円/万口を突破した際に以下のエントリをしたためていました。

ひふみ投信の基準価額が20000円/万口を突破した記念に基準価額に関して考えてみようひふみ投信の基準価額が20000円/万口を突破した記念に基準価額に関して考えてみよう | これが我が家の生存戦略

今回も、せっかくの機会なんで『ところで、基準価額ってなんだったっけ?』という事を確認してみましょう。

1.『基準価額』とはファンドの単価である

『基準価額』とは、ファンドの『純資産総額』を『総受益権口数』で割ったモノです。…という説明はいたるところで目にするのではないでしょうか?コレをもって「ファンドの単価なんですよ」というのはスッと入ってくる感覚ではないでしょうか?

『純資産総額』の単位は[円]、『総受益権口数』の単位は[口数]だから、基準価額の単位は[円/万口]なんですね。一定口数あたりの『価額』(値の面)を表現している、と。

この『基準価額』が上がれば、『純資産総額』が増えようが減ろうが、『総受益権口数』が増えようが減ろうが、ファンドの単価-『口数あたりの額面』が増える事になります。投資家としては、自分が買い付けた時の『基準価額』に対して、現在の『基準価額』が上がっている事が好ましい、ともいえます。

逆にいうと『純資産総額』が…『総受益権口数』が…どうなっていようと、『基準価額』が下がっている状態では投資家は含み損を抱えている状態です。

こうした状況より、ひとまず『基準価額』そのものはファンドの単価である、ということはとっつきやすい考え方であり、投資信託に興味・関心のある方からは概ね賛同いただけると考えています。

2.『基準価額』は設定日を10000円/万口とする

上記で「『基準価額』とはファンドの単価ですよ」というお話をしました。

しかし、受益権口数の[口数]という概念はなかなか身近にありません。あったとしても生協の共済金掛け金など、1口が1000円(つまり、1000円単位での掛け金)という風に1口が融通が利かない事が多いという実感があります。

投資信託では「1口」の値段をどうこうするのではなく、「10000口」の値段=額面を『基準価額』として表現しています。これによって投資家が例えば10000円を投じた時により細かい口数の発行が行えますし、より公正なファンドの分散保有が行われます。

しかし、ここでフト気になるのは「その10000口の価値って何を基準に決めるんだろう?」という事。投資信託というのは色々な投資家から設定前にお金を集めるし、その後も営業日毎に新規の投資家を受け付けたり、既存の投資家が離脱していったりします。

そこで、10000口の価値を「ファンド設定前に募集した資金に対して10000円/万口とする」という風に決めています。単純に表現すると1口=1.0000円ですね。

コレは、例えば設定前に販売会社の超プッシュのおかげで1兆円集めたファンドがあったとしても、スタートの基準価額は10000円/万口ですし、逆に…広報活動が芳しくなく1000万円しか集まらなかったファンドがあったとしてもやっぱり10000円/口です。

3.『基準価額』が高すぎる、低すぎるという基準は存在しない

コレが本題ですね。『基準価額』そのものに〇〇円だから高すぎる(だから買えない)とか〇〇円だから低すぎる(だからおトク)という基準は存在しません。

≪1.『基準価額』とはファンドの単価である≫のとおり、『基準価額』がファンドの単価であるなら高い時には買いたくないし、低い時にはおトクだから買いたい。そんな風に考えている人が多いと思います。

しかし≪2.『基準価額』は設定日を10000円/万口とする≫というふうに、『基準価額』そのものの額面による相場みたいなものは存在しません。だって設定日によっていくらにもなりうるんですから。

もう一ついうと、『基準価額』の金額の推移だけを見てもあまり意味がありません。単位期間あたりの「変化率」にこそ注目すべきだと考えています。(単位期間をどれぐらいでとるか?などは好みや投資信託との向き合い方…短期売買のツールなのか資産形成の手段なのか?によって変わるでしょうが)

こうして考えると、『基準価額』が高いとか低いという判断は、それ自身ではできないのではないでしょうか?あくまで「短い期間での変化が大きいかどうか?」(そしてそれが好ましいのか否か?)「長い期間での変化がポジティブに行われているか?」(そしてそれが好ましいのか否か?)というふうに『基準価額』だけではなく『時間』も加味した評価であるべきなのではないでしょうか?


レオス・キャピタルワークス社の皆様におかれましては、「基準価額が高いと買ってもらえない」という声に悩まされている部分もおありでしょうが、是非とも「基準価額そのものだけでなく、ファンドの方針・中身、そして推移を通じて既存の受益者に報いているという【実績】を評価」している受益者が大勢いるだろうことを実感していただきたいと願っています。

…自分は最終的にはビジネスに参加してないので気楽に一言をつけくわえるなら

「『基準価額』が高すぎる」という理由で参加していただけない方々は、参加されたとしても、何かあったらおそらく身軽に去っていかれると思います。よくもわるくも「判らないならけっこうです」という態度をとっても誰も文句を言わないのでは?

おっと…口が過ぎましたね。

それでは あらためまして

レオス・キャピタルワークスの皆さん!【ひふみ投信】【ひふみプラス】のすべての受益者のみ皆さん!! 

おめでとうございます!!

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク