投資信託の流出入資金の推測方法

タイル

旧ブログで取り上げたネタの≪焼直し≫ネタです。内容としてはまったく同じことを書いているので、旧ブログにて

をご覧になってる方には目新しいネタはございません。お含みおきいただけると幸いです。

さて!堅苦しい導入でしたが、今日のネタはコチラ!

『投資信託の流出入資金の推測法』

コレです。もうちょっとくだけた言い方をすると『投資信託に入ってくるお金、投資信託から出ていくお金の合計額を推測する計算方法』って事です。

キモは以下の通り。

投資信託は毎日≪基準価額≫≪純資産総額≫が公表されています。この二つの公表情報から≪総受益権口数≫が算出できます。

(※ ただし、どちらの情報も公表される桁数が少なく、それらの数字から算出して求める≪総受益権口数≫もおおざっぱな把握にしか使えない程度の桁数になってしまう、という点には注意が必要です。)

算出された≪総受益権口数≫について、連続する2営業日以上のデータを用意します。

『流出入資金』を調べたい日の前日と当日の間で≪総受益権口数≫がどれだけ変化したのか確認します。ここがキモです。

変化した≪口数≫に対して前日の≪基準価額≫をかけて10000で割る。(基準価額が[万円/1万口]とうい単位であらわされるため)

…キモは、と書いておきながらだいたいのことを書いていますね…。旧ブログでは

単位を合わせよう

とか

公表される桁数が~

とか面倒くさいことをたくさん書いてました。ですが、ひとまず下記の計算式をそのまま覚えておけば&表計算ソフトに入力しておけば大丈夫です。

流出入資金計算式

当ブログでは、上記の計算式を用いて色々なデータをウォッチしていきます。ひとまず、≪焼直し≫ということで。

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク