今年も年収の1%をふるさと納税しました 2015年2月

年収(勤め先から頂く税引き前給与総額。源泉徴収票に記載の金額)の1%をふるさと納税しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年、上記エントリにて

収入の1%を寄付&ふるさと納税します

(中略)

そんなワケで自分も、この取り組みにのっかってみようと思います。年収も大した事ないんで、その1%にあたる金額はなおさら大した事ありませんが!!…それでもイイから、ひとまず習慣として定着させる事から。肩肘張らずに、ね。

と書いていました。また、続く

にて

今年…というか去年の年収の1%は我が故郷である『福岡県 北九州市』と嫁さんの実家があるF県K市に半分づつ【ふるさと納税】する事にします。理由はどちらも自分たち家族のベース、人生の根っこをはぐくんでくれたから、その【感謝】を届けたい…という願いから。

と書いた通り、今年も去年と同様に北九州市とF県K市に0.5%づつふるさと納税しました。

北九州市はクレジットカードでの支払いが可能であり、手続きもWEB上で完結できます。大変お手軽(?)です。

また、去年ふるさと納税した時と比べ、事務手続きがスピーディーになったのでしょうか?WEBで申し込む段階で返礼品の入力まで求められましたし、その返礼品はそこそこ早く届きました。

(去年の顛末はブログに書きそびれてましたが、WEBで手続き⇒返礼品を選ぶカタログ:といってもA3チラシ二枚などと返信用はがきが届く⇒選んではがきで申し込み⇒1ヶ月?ぐらいして「忘れたころに」返礼品が届くというタイムスパンでした。)

ちなみに、返礼品はスピナ謹製「くろがね堅パン&くろがね羊羹セット」にしました。

堅パン、スゴイですよ。堅さが。アゴが鍛えられます。牛乳に浸すぐらいじゃビクともしない。

くろがね堅パン

FBで写真をシェアしたところ「北九州なのにヘルメットと防弾チョッキじゃないんだ(笑)」というコメントをいただきましたが、堅パン三枚ぐらい胸ポケットに入れていれば銃弾の直撃を防げるんじゃないですかね…

また、読み応えのある市政概要と広報誌「雲のうえ」も。

北九州市市政概要など

自分たちが納めた「ふるさと納税」資金がどんな事、どんな街に使われるのか?イメージが湧きます(というか、懐かしい)

一方…F県K市は…う、うーん…あんまりふるさと納税制度に乗り気でないのか?それとも、自治体の規模が小さいのでソコまで手が回らないのか?どうにも納付一つとってもあーだこーだと面倒事ばかりです。返礼品はともかく、市政広報などの案内もないし。あんまり書いてると自治体を特定できちゃうかもしれないので、「温度差を感じる」程度にとどめておきますが。

(返礼品、広報誌目当ての「ふるさと納税」じゃないから、クダまくのはお門違いなんですけどね)

さぁ!あとは『去年納めたふるさと納税の』確定申告だ!

そして、節税できた金額の算出&寄付先の選定だ!(腹案はあるんですけど、ね。)

それでは (やりたい人、悩んでるような人は) (せっかくなので) ふるさとのうぜい しませんか?

※ 当サイトは特段、閲覧者の皆様にふるさと納税をオススメするわけではありません。又、上記エントリは節税&返礼品のリターンを勘案した「投資ブログらしい」内容ではなく、「ざっくり年収の1%を。寄付に近い感覚で」「節税&返礼品はおまけ」という、およそロジカルとは程遠い判断によって実践した内容です。ご注意ください。

スポンサーリンク